FC2ブログ

Welcome to my blog

二十四節気と太陰暦の蘊蓄

ヤドカリ

ヤドカリ


 今日は二十四節気の1つ、大寒です。1年でもっとも寒い時期です。

 二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、1年を24等分し、
 季節を現すものとして考え出された名前です。
 春は、立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨、夏は、立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑、
 秋は、立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降、冬は、立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒、
 現在でも季節の節目を示す言葉としてよく目にし、その季節を感じます。

 太陰暦における1ヶ月は月の運行に基づき朔日(ついたち)から晦日(みそか)までです。
 一月は雨水、二月は春分、三月は穀雨、四月は小満、五月は夏至、六月は大暑、七月は処暑、
 八月は秋分、九月は霜降、十月は小雪、十一月は冬至、十二月は大寒 を含む月のことです。
 なお、朔日は古代ローマでは kalendae といい、カレンダーの語源となっています。

 ところで、月の満ち欠けの周期は約29.5日、1ヶ月は29日または30日です。
 12ヶ月で354日、当然、この12個のどれも含まない月がたまにあります。
 そのような場合は前の月の名前の前に「閏」をつけ、「閏○月」で表します。
 閏月は19年に7回の割合で置かれました。閏月のある年の1年は13ヶ月でした。
 太陰暦では明治6年は閏月のある年、公務員の給与が月給制でしたので、
 財政難の明治政府は、明治6年から太陽暦を使うように決めたそうです。

 太陰暦は今はあまり目にしませんが、旧正月を祝う地方もありますし、中秋の名月は旧八月十五日です。
 また、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)は太陰暦の月日で決まります。
 月と日を加えて6で割った余りが、0は大安、1は赤口、2は先勝、3は友引、4は先負、5は仏滅 です。
 中秋の名月は (8+15)÷6 の余りは5だから、かならず仏滅ですね。


スポンサーサイト



Comments 18

There are no comments yet.
ニリンソウ  
No title

こんにちは~~大寒の日に白鳥を乗せるなんて
流石ですね。
二十四節気と太陰暦の蘊蓄 >興味深く読みました

ナイス

スモークマン  
No title

グーテンターク ^^
入院されてる方がいまだ六曜で退院日を決められたりすることも多いんですよね ^^
旧暦の日付の6の余りで決められてたことは知りませんでした...ランダムかと思ってた...^^;
ちなみに...調べてみましたら...
「仏滅や友引という、仏事と関わり合いそうな言葉が多く使われているが、仏教とは一切関係無い。仏事と関わり合いそうな言葉が多いのは、全くの当て字に因る。釈迦は占いを禁じている。また、浄土真宗では親鸞が「日の吉凶を選ぶことはよくない」と和讃で説いたため、迷信、俗信一般を否定しており、特にタブーとされている。・・・『仏滅』字面から仏陀(釈迦)が入滅した(亡くなった)日と解釈されることが多いが、上述のように本来は無関係である。釈迦の死んだ日とされる2月15日が旧暦では必ず仏滅になるのは、偶然そうなっただけである。」...wikiより
偶然の一致にしてはできすぎ ^^...Orz~

こっこちゃん  
No title

こんにちは

難しいことは解りませんが
大寒 ですよね この日を境に春も近くなりますよね ナイス

樹☆  
No title

こんにちは。
一年で最も気温が低い時期とされている大寒ですが
樹地方は暖かな日です。
六曜が数学的計算とは・・恐れ入りました。大安は0が発見されなければどうなったの?と・・美しい白鳥を見ながらのつぶやきです^^

来週は若草山の山焼きです。ナイスです。

ヤドカリ  
No title

ニリンソウさん、早速のコメントととナイス!を有難う御座います。
カレンダーにもよく書かれている二十四節気と六曜、
二十四節気は季節を感じますが、六曜は七曜とちがって、
ときどきイレギュラーになるので、昔、調べて納得した記憶があります。
旧暦での月替わりだったのですね。

ヤドカリ  
No title

スモークマンさん、早速のコメントを有難う御座います。
六曜で退院日を決める人もいるのですね。知りませんでした。
六曜を気にしない人にとっては、低料金の仏滅挙式というのもいいですね。
六曜がいつからどこで使われていたのか知りませんが、
お釈迦様の時代のインドにもあったのでしょうか?

ヤドカリ  
No title

こっこちゃんさん、早速のコメントととナイス!を有難う御座います。
立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・……、ニュースの冒頭でもよく言われます。
春を待ちわびるきもちがよく分かる言葉です。

スモークマン  
No title

グーテンアーベント ^^
もし、「仏滅」がお釈迦様が入滅された日を呼ぶことからできたとしたら...^^...旧暦はその時代には使われており、"仏滅を含んだ"六曜はその後にできたと言えるかもしれないけど...?...前提が怪しいから...^^;;
調べてもよくわかりませんでした...Orz...

ヤドカリ  
No title

樹ちゃん、早速のコメントととナイス!を有難う御座います。
今日は大寒ですが割りに暖かい日でした。
6で割った余りというのは便宜的に書いたもので、
もとは一月は先勝,二月が友引,……から始まるというような書き方だったと思います。
0がなくても「割り切れる」と書けばすむことですね。
ところで、
若草山、奈良に住んでおられたのは随分前のことだと思いますが、
流石に関心があるのですね。

ヤドカリ  
No title

スモークマンさん、再度のコメントを有難う御座います。
六曜が中国から日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて、とされる。
その名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在では赤口以外は全て名称が変わっている。
19世紀初頭の文化年間に現在の形になった。
と、Wiki に書いてありました。
「仏滅」の言葉自体も怪しいものですね。

古い人  
No title

大寒も早く過ぎて早く暖かく成って欲しいね。

二十四節気の暦どうりに過ぎる事を望みますね。
暦と余りかけ離れないのが良いですね。
ナイス。

ヤドカリ  
No title

古い人さん、早速のコメントととナイス!を有難う御座います。
昨年は夏が異常に暑く、秋らしい秋が短く、急に寒くなりました。
季節は暦どおり少しずつ変わっていくのがいいですね。
原発が使えなくなって化石燃料での温暖化も心配です。

さっちゃんこ  
No title

今日は大寒 暦の上では一番寒い時期とされていますね
実際は節分を過ぎたころからが一番寒いように思います
大安や仏滅など月に日を加え6で割れば分かるのですね
大安は0 仏滅は5これだけでも覚えていたら役に立つかも・・・・
頭の隅にインプットして置かなくちゃ~
ナイス☆

ヤドカリ  
No title

さっちゃんこさん、早速のコメントとナイス!を有難う御座います。
節分は本来、立春・立夏・立秋・立冬の前日で、季節の分け目なんですね。
今は「節分」といえば春の節分だけしか意識しませんね。
大安や仏滅は旧暦の月日が分からないと計算できませんが、
知っていて損はないですね。

uch*n*an  
No title

太陰暦自体はあまり知らなかったし関心も薄いのですが,
高校の頃,古文や漢文で出てくるので,そうした文化というか風習や生活,
という意味では興味がありました。
あの頃は,数学も好きでしたが,二年生のときの先生の影響で古文や漢文も大好きでした。
もともと歴史も好きなので,一つ間違ったら?,今頃は古文書を読む毎日だったかも知れません。
なお,
>太陰暦では明治6年は閏月のある年、公務員の給与が月給制でしたので、
>財政難の明治政府は、明治6年から太陽暦を使うように決めたそうです。
は,現実的で,笑ったというか,何かいいですね (^^;

ヤドカリ  
No title

uch*n*anさん、コメントを有難うございます。
太陰暦と太陽暦は1ヶ月ほどずれていて、古典での季節は今と違います。
よく知られている例とは、「五月晴」は梅雨の間の晴れのことですね。
明治5年もずれがあり、12月3日を明治6年1月1日にしたそうで、
12月の給与は支給しなかったそうです。

みなみ  
No title

(^_^)v
こんばんは・・我が家は旧暦で行事行います
・・昨日は 旧暦の お正月で 仏壇に供え物
・・しました(^^♪
白鳥のごとく1日を楽しく過ごします・・
ナイス

ヤドカリ  
No title

みなみさん、コメントとナイス!を有難う御座います。
旧暦の文化が残っているのはいいことですね。
残っている地域ではいつまでも大切にしてほしいです。