FC2ブログ

Welcome to my blog

詰将棋 #8

ヤドカリ

ヤドカリ



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  いよいよ最後の詰将棋になりました。
  次第に将棋に興味を失っていった私でしたが、社会人になってから、
  ふと、詰将棋のことを思い出して作ったのがこの詰将棋で、
  #7 を作ってから何年か経っていました。
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  解答は https://blogs.yahoo.co.jp/oka_yadokary/36927741.html です。
スポンサーサイト



Comments 16

There are no comments yet.
ひとりしずか  
No title

昨日、ご主人を亡くされ葬儀を終え帰宅されたお隣さんへ
ユリの花を届けたところでした。
テッポウユリがユリの中では一番好きです。

アキチャン  
No title

おはようございます。
ゆりは少ない本数で見ることが多いですが、こうしてたくさんの百合を見るのもきれいですね~♪
(o^-^o)

さっちゃんこ  
No title

こんにちは
真っ白なゆりは清楚で素敵ですね
見ているだけで清清しい気持ちに慣れますね

ナイス☆彡

ヤドカリ  
No title

ひとりしずかさん、早速のコメントとナイス!をありがとうございます。
義父の葬儀のとき、たくさんのカサブランカが供えられました。
ユリの花は美しいですが、私には悲しみを思い出させる花でもあります。

ヤドカリ  
No title

アキチャンさん、早速のコメントとナイス!をありがとうございます。
ユリの花は1輪でも存在感がありますね。
たくさんの白百合は清々しさと豪華さがあります。

ヤドカリ  
No title

> 2016/6/11(土) 午後 4:33の鍵コメ様
コメントとナイス!をありがとうございます。
初手 ▲6三歩成は ▽6四歩と合駒されると ▲同角とできません。
なお、仰る通り、来週から出題再開を考えています。

ヤドカリ  
No title

さっちゃんこさん、コメントとナイス!をありがとうございます。
ユリはやはり白色が似合いますね。
多くの色があるスカシユリもいいですが……。

たけちゃん  
No title

#1~#7はさほど時間をかけずに詰ますことができたのですが,
これは難しいですね.
私はまだ詰み筋が見えていません.
正解はいつ発表されるのでしょうか.

なお,数学の出題再開は楽しみです.

ヤドカリ  
No title

たけちゃんさん、コメントをありがとうございます。
詰将棋も毎回解いて頂いてくれているのですね。有難うございます。
この詰将棋の正解は、数学の問題と同じように6日後位を予定しています。

ところで、出題再開を楽しみにして頂き、恐縮です。

ニリンソウ  
No title

テッポウ百合ですか、この白さが長持ちしてほしいと
願いますね。
百合の中では山百合が一番好きです。

ヤドカリ  
No title

ニリンソウさん、朝早くのコメントをありがとうございます。
ユリの白が目を引き、撮ったものです。
ところで、ニリンソウさんのお好きなユリはヒメサユリだと思っていました。

樹☆  
No title

凛としたユリの姿がすてきです。
やはり白がいいですね
ユリの女王・・カサブランカは豪華です。

tsuyoshik1942  
No title

ここ十数年、駒も石も握っておりませんが、「将棋世界」と「近代将棋」2誌を購読していた時期があります。
それらには、毎月、購読者作題の詰将棋が8~10題掲載されていたような気がします。
もっとも、そのころは別途、詰将棋専門の雑誌も発行されていた様ですが!

ヤドカリ  
No title

樹ちゃん、コメントとナイス!をありがとうございます。
ユリの花が咲く季節になりました。
いろんな色の百合がありますが、やはり白がいいですね。

ヤドカリ  
No title

tsuyoshik1942さん、鍵コメントとコメントをありがとうございます。
詰将棋も解いて頂いたのですね。有難うございます。
解答者のエチケットとして 詰上がりに駒が余らない手順を選びます。
(受け方が長手数の手を選んで駒が余るのは問題が不完全です)
この詰将棋はそこがメインではありませんので、
解けたことになると思います。
ところで、私も少なくともこのブログを開設してから、
囲碁も将棋もしていません。
義父の形見の碁盤で、五目並べはしましたが、申し訳ないことです。

ヤドカリ  
No title

tsuyoshik1942さん、コメントをありがとうございます。
駒余りを避ければ2手目の応手がこれしかないですね。
なお、この詰将棋は生駒使用にこだわったわけではありませんので、
最終手は普通の手で構いません。
この手数でのこの手筋を見たことがなかったので、
自分で作ろうと思いました。