FC2ブログ

Welcome to my blog

❀ 大阪造幣局桜の通り抜け #6

ヤドカリ

ヤドカリ

桜の通り抜け #5 の続きです。五十音順に並べています。
今回は、ベニガサ ベニテマリ ベニトラノオ ベニナデン ベニユタカ 
ホウミョウジ ホタテ ボタン マツマエ マツマエコトイトザクラ です。

紅笠(べにがさ)
北海道松前で、「糸括」実生の中から選出育成されたものである。
花は淡紅色で、直径5~6cmもある大輪で、花弁数は50~60枚ある。


紅手毬(べにてまり)
小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた。


紅虎の尾(べにとらのお)
古くから京都で栽培されていた桜といわれ、その咲く有様は虎の尾のようで、花は淡紅色である。


紅南殿(べになでん)
京都の佐野藤右衛門氏が栽培していた桜。花は紅紫色。


紅豊(べにゆたか)
北海道松前で育成された桜。花は濃紅色で豊かな重弁(花弁数は15枚程)の桜となったので、
この名が付けられた。


法明寺(ほうみょうじ)
京都府美山町の法明寺境内にあった名花を、佐野藤右衛門氏が接木育成し、命名した。花は淡桃白色である。


帆立(ほたて)
花は白色で、雄しべの1~2本が花弁化して、帆を立てたような形をしているところから、この名が付けられた。


牡丹(ぼたん)
大島桜系の里桜で、花はふっくらした牡丹の花を思わすような淡紅色の優雅な大輪で、花弁数は15枚程ある。


松前(まつまえ)
北海道松前町桜見本園で浅利政俊氏が「糸括(いとくくり)」の実生から選抜した美しい里桜である。
花は蕾濃紅色、開花後紅色、花径5~5.5cmと大輪花で、花弁数は35~42枚である。


松前琴糸桜(まつまえこといとざくら)
桜研究家の浅利政俊氏が、昭和34年北海道松前町で毬山家の庭にあった無名の八重桜の大木の種子から
作り出した桜。花弁数は40~45枚で、開花後紅色から淡紅色となる。


次回が最後です。
スポンサーサイト



Comments 13

There are no comments yet.
古い人  
No title

桜も此れだけ種類が多いと写真の整理が大変ですね。

整理して編集に時間が掛かり苦労が良くわかります。

でも見せて頂くのは綺麗で苦労など忘れて見せてもらいます。ポチ。

ゆうこ つれづれ日記  
No title

きれいな八重の桜、みんなきれいです。
「松前」って北海道の松前のではないですよね~~~(^^;
きれいなお花を見ると気持ちにゆとりが出てきそうです。
ポチッ☆

黒翼  
No title

どの桜もきれいですね.

桜と一口に言っても実にいろいろな種類があるのですね.古い人さんがおっしゃっているように,このように記事にする苦労がしのばれます.

綺麗な桜に今日も癒されました.ポチ.

ヤドカリ  
No title

古い人さん、早速のコメントとポチを有難う御座います。
見て頂いて喜んでもらえれば、苦労の甲斐があります。

ヤドカリ  
No title

ゆうこさん、早速のコメントとポチを有難う御座います。
「松前」は、北海道松前町の桜研究家の浅利政俊という方が関わっておられるようです。
関係大ありですょ。

ヤドカリ  
No title

黒翼さん、早速のコメントとポチを有難う御座います。
本当にいろいろな種類がありました。
もちろん、行ったときに咲いていなかったのは取材できませんでしたが、
造幣局のHPで調べたら全部で 128種類だそうです。
丁度 2^7 ですね。

黒翼  
No title

2^7とは綺麗な数ですね.

綺麗な桜が綺麗な数だけあるなんて神秘的ですね.
意味がわからないことを言ってすみませんでした.

「松前」のようにそれぞれ桜には違った歴史があるのでしょう.それも合わせて桜を眺めれば,また違った愉しみ方に出会えそうです.

ヤドカリ  
No title

黒翼さん、再度のコメントを有難う御座います。
数については偶然ですね。
所々立て札があって、いわれを書いてある樹もありましたが、
ゆっくり読めませんでした。

Betty mama☆  
No title

八重桜ってこんなにたくさん種類があるんですね~♪
どれもとっても可憐でかつ、豪華な感じがします。
紅手毬を飾りたいなぁ~♪☆。*゚+.*.。ポッチ゚+..。*゚+☆

ヤドカリ  
No title

Bettyさん、早速のコメントとポチを有難う御座います。
本当にいろいろな種類がありました。
名前に「手毬」がつく桜は、本当に花の手毬のようでした。

ニリンソウ  
No title

華やかな桜みたらシックな「帆立」なんていいですね。
いっぱいの種類を一堂にみれる造幣局はやっぱり日本一
ですね。
ポチ

いっちゃん  
No title

おはようございます^^
すごい、こんなにたくさんの種類があるんですね。
名前なんて多すぎて覚えきれない。。
ところでなずけ親もちゃんと見わけられるのでしょうか。。^^
ポチ

ヤドカリ  
No title

いっちゃん、コメントとポチを有難う御座います。
いろんな桜があって、覚えきれないのは当然です。
そのために名前を書いた木札が全部の樹についています。
名付け親が、見分けられるかどうかは、名付け親に聞かないと分かりませんが、
桜も長い歴史がありますので、存命かどうかもわかりませんね。